タグ: オリジナル小道具

小道具も製作しています

2021年12月7日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ですが
ご要望とあればかぶりもの等、小道具も製作をしています。


つい先日もお世話になっている担当さんからそうしたご相談があり
費用をかけずに見た目良く仕上がる工程をお伝えしたところ
その仕様で製作が決定しました。


まずは「本物はちょっとしんどいよね、、、」というご相談を頂き





撮影で使用するダミーのバーベルを製作しました。





今回は発泡スチロールを用いて製作をしたのですが
1枚が25キロで左右に4枚ずつということは、計200キロという設定です。
棒は本物なので全体として見ますと重量感があるようなないような
不思議な感覚に包まれる小道具ですね。





そしてもうひとつはかぶりものです。





こちらはPRイベントなど広報活動に使用する小道具ということで
デザインと使いやすさを優先にご提案をしました。




ご覧頂きお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが
こちらはサザエの貝殻をモチーフにしています。
そして作業工程はと申しますと発泡スチロールを用いて
ボアで仕上げるまさに着ぐるみと同じ方法です。





ボアを使用したことで全体的にモコモコしてかわいいですね。


小道具の製作については着ぐるみやエアー着ぐるみなどの
ご依頼を通して日々ノウハウの蓄積をしている職人が担当をしています。


最近は着ぐるみ製作と共に小道具のご相談も増えています。
今回ご紹介をした製作物や作業工程が
皆さまの印象に留まり何かのヒントになりましたら幸いです。


着ぐるみ製作会社は小道具も製作しています

2021年4月22日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ですが
ご相談とあればCMや番組の小道具など、ご要望に応じた製作のご提案もしています。


つい先日、いつもお世話になっている担当さんからそうしたご相談があり
あまり費用をかけずに納期を短縮できる小道具の製作工程をお伝えしたところ
その仕様で決定したと連絡を頂きました。


こちらは10年以上前に使用した小道具を
新たに製作して欲しいというご相談で製作した






丁半博打のコントで使う大きな壺とサイコロです。
大きさがお伝えできないので別の画像を用いますと





こちらです。今回は発泡スチロールを用い製作しました。
塗装前ですが大きさがなんとなくお分かり頂けるかと思います。


そしてこの壺に入るサイコロを一から製作するのは
納期や作業工程上あまりおすすめできなかったので



開口部に入るサイズの市販品を購入し加工をしました。





そして塗装をしたのがこちらです。
ベース塗装後により濃い目の色でグラデーションをつけ質感を高めました。


なかなかいい雰囲気ですね。


継続的に使用をするのであればこの工程はおすすめできませんが
納品後は使ってもほぼ数回ということでしたのでこの仕様をご提案しました。


そしてもうひとつは壺でもなくサイコロでもなく、帽子です。





こちらも撮影に使用する小道具ということで
デザインと使いやすさを優先にご提案をしました。





ちなみにこちらもベースは発泡スチロールで
表面にはきらびやかな生地を貼りゴージャスな印象になるよう仕上げました。





あご部分にはベルトを付けてしっかり固定できる仕様にしています。


市販品を購入して加工するという工程は用途が見事にはまれば
製作費が割安になるというメリットと共に納期の短縮にもつながります。


いずれの小道具も残念ながら撮影には立ち会えませんでしたが
使用のご説明を兼ねて納品でお伺いした際は
お立ち会い頂いた皆さんに喜んで頂けホッとひと安心の弊社担当です。





今回ご案内していますような小道具の製作については
着ぐるみやエアー着ぐるみなどのご依頼を通して
日々ノウハウの蓄積をしている職人が製作を担当しています。


着ぐるみ製作以外でのご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。


着ぐるみや小道具の製作について

2019年12月17日

着ぐるみや小道具などお客様からお問い合わせを頂く際は
製作費のご案内だけではなくより良いご提案も弊社の味と考えています。



そんなお問い合わせのひとつが弊社からのご提案で方向性が決まり





コスト面でも品質面でもより良く仕上げるべく
奈良県の土産物としておなじみの市販品を購入しました。


なぜにこちらを購入したのかはまた後日のご案内となりますが
最終的にピンク色の鹿バルーンを計3個購入しました。


小道具を製作する際にすべてを一から製作すると
見えない部分のケアに割くコストがかなり大きくなることがあります。


可能であればそうしたコストも見た目のクオリティ向上に割くべきと
弊社は日々考えていて、仕様決定前にご相談を頂いた場合は
見えない部分には市販品を用いコスト削減をするご提案をしています。





市販品を購入して加工するという工程はアイデアが見事にはまれば
製作費が割安になるというメリットと共に破損リスクの軽減にもつながります。


ちなみにですが着ぐるみ製作の知識を活かした製作物の依頼があり
大阪のアトリエから2点、本日お客様のもとへ納品で伺いました。


残念ながら納品後の撮影には立ち会えませんでしたが
当日は制作担当の皆さんにかなり喜んで頂けたとの連絡を受け
今回もホッとひと安心の弊社担当です。


ご案内していますような小道具やオブジェの製作については
着ぐるみやエアー着ぐるみなど製作物のご依頼を通して
日々ノウハウの蓄積をしている職人が担当しています。


製作物についてのご質問やお問い合わせはお気軽にどうぞ。


小道具製作の参考にどうぞ

2016年4月20日

作業スケジュールを確保できないお仕事がたまにありますが
そんな際は市販品を購入して加工するという工程をご案内しています。


例えば





こちらの市販品のニワトリマスクを弊社が預かりますと





このように仕上がり、納期まで時間がなくても
完成度高くご納得頂ける小道具の完成となります。



弊社は着ぐるみ製作会社ですがこうした小道具製作にも
長けた職人が日々作業をしていますのでお問い合わせはお気軽にどうぞ。


お急ぎの際のご参考にして頂けますと幸いです。


番組の小道具を製作しました

2016年4月11日

先週末の土曜日に放送された
毎日放送『サタデープラス』は
皆様ご覧頂けましたでしょうか。


この度いつもお世話になっているデザイナーさんにお声がけ頂き





舌の動きを説明する模型を製作させて頂きました。





上に





下に、自由自在とはまさにこの模型の為の言葉であると
申し上げても過言ではないと思う弊社担当です。



製作に際しては毎回MBS美術部の担当さんと
打ち合わせするのですがみなさんが持つアイデアには毎回感心しきりです。





おかげさまで今回もみなさんに喜んで頂けホッとひと安心でした。


弊社は着ぐるみ製作会社ですがこうした造形物も
ご要望とあれば製作させて頂いてますのでお問い合わせはお気軽にどうぞ。


着ぐるみ・エアー着ぐるみ・ぬいぐるみのご用命はこちら

お電話の際は「着ぐるみの件で」とお話し頂けるとスムーズです。