タグ: 小道具製作

夏のクールダウンはお化け屋敷でどうぞ

2022年7月24日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ですが
ありがたいことに今年の夏もひんやりする話題をお届けすることができました。


いつもお世話になっているデザイナーさんにお声がけ頂き
大阪府吹田市の高さ日本一の観覧車『オオサカホイール』にて開催中の





地獄のゾンビ観覧車『暗黒』のお手伝いをさせて頂きました。
地獄のゾンビ観覧車と申しますと昨年コロナ禍にも関わらず
開催期間を延長した人気アトラクションとして
ご記憶の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
今年もプロジェクションや音響そして振動など、逃げ場のない観覧車内で
迫り来る恐怖をお楽しみ頂ける内容となっております。


そして今年ももうひとつお手伝いをさせて頂きました。
お化け屋敷プロデューサー五味弘文さんが手がける





大阪心斎橋パルコ14階にてただいま開催中の
期間限定ホラーイベント『心斎橋ゾンビパニック』です。


地獄のゾンビ観覧車にて、心斎橋ゾンビパニックにて
弊社がどのようなお手伝いしたのかご案内するのは差し控えますが
「ちょっとやりすぎじゃない?」と喜んで頂けましたよ。


いずれのイベントもお化け屋敷を心待ちにしている皆さんの期待に
十分にお応えできる内容となっていますので
今年の夏もぜひお化け屋敷へ足をお運び頂けますと幸いです。


昨年に続きなかなかお出かけしづらい空気ではありますが
各会場共にコロナ対策は万全で皆様のお越しをお待ちしております。



夏のクールダウンはお化け屋敷で決まりですね。


いつでもどこでもらいよんチャンネル

2022年3月30日

毎年この時期は年度末ということで協力会社の職人さんなど
たくさんの方々のお力添えを頂きながら奔走しています。
そして今年もおかげさまでなんとか無事に乗り切れそうな気配となり
ようやく工場に穏やかな空気が漂って参りました。


そんなここ数ヶ月お声がけ頂いたご依頼についてはまた後日ご紹介をさせて頂くとして
本日は年度末を問わずお世話になっている毎日放送のマスコットキャラクター、
らいよんチャンの近況をご紹介したいと思います。


らいよんチャンと申しますと





関西の平日夕方に旬なニュースと話題をお届けする
毎日放送『よんチャンTV』に出演し、お茶の間の皆様の
日々の癒しのアイコンとしておなじみかと思います。





そんならいよんチャンが先月の節分で鬼のお面を付けて番組に出演しました。
こちらの画像では大きさがしっかりとお伝えできないのが残念ですが
お面の横幅は70cm程度だったように思います。
メジャーや物差しがあればお試し頂きたいのですがこの70cm、なかなかの大きさなんです。
顔は隠せてもかわいさは隠せないですね。


よんチャンTVでは鬼のお面みたく毎日お楽しみ頂けるアイデアを盛り込みお届けしています。
こうした目線からも番組をお楽しみ頂けますと幸いです。





続きましては既にご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが
らいよんチャンは番組だけではなくTikTokでも楽しい話題をお届けしています。





らいよんチャンらしい動画となっていますので詳しくはTikTokでぜひお楽しみ下さい。
そして最後はやはり『お客様に喜んで頂いてこそ』ということで





先日Vリーグサントリーサンバーズ様の試合を盛り上げるべく会場へ馳せ参じました。
「会場ではスーパーサンバーズくんとムーンバーズくんは自由に動き回っていますので
らいよんチャンも自由に動き回って下さいね。」とディレクターさんからお話を頂きましたが





これが本当に自由で当日はらいよんチャンと共に
お二方の楽しさと優しさに触れっぱなしの2日間でした。





そんなお二方と記念のお写真も撮らせて頂きました。
関係各所の皆様、今回も貴重な経験をさせて頂き誠にありがとうございました。


番組でもSNSでもイベント会場でも伺う先々でらいよんチャンは皆さんに
温かく見守られそしてかわいがって頂いているなと実感をする弊社担当です。


来月以降もらいよんチャンの活躍にどうぞご期待下さい。
いつでもどこでもらいよんチャンネル、です。


色分けができない場合はこんなこともしています

2022年2月15日

いつもお世話になっているデザイナーさんからお声がけ頂き製作をした





こちらのコスチュームは爬虫類っぽい質感で
茶系の色分けがされているのがお分かり頂けるかと思います。





このコスチューム製作の際のデザイナーさんからの指示は
「茶系で薄い濃いの色分けされた蛇皮の質感がいいなぁ」というものでした。


こうした指示を受け納期まで時間がある際は、

・質感を優先し同生地でイメージに近い各色
・色を優先し質感もイメージに近いような各生地

という2方向からメーカーさんに在庫を確認します。


そして回答を得た後でデザイナーさんに作業工程のご案内をし
仕上がりについて製作費についてご判断を頂き作業に入るのが通例ですが
そうした確認ができず納期が迫る中でご相談を受けることも多々あります。


納期に間に合わないリスクを考えますとお断りするのも選択肢のひとつですが
弊社ではお聞きしたままでできるできないではなく
「こうすれば間に合いますよ」と少し違った角度からご提案を差し上げています。





今回ご紹介していますこちらのコスチュームもそんなご相談のひとつで
撮影まで時間があまりなく蛇皮のような質感で色分けができる色数もなかったので
似たような質感で茶系の生地をご案内しましたがデザイナーさんの想いは熱いものでした。


そこで「継続的な使用はできませんがそれでも大丈夫ですか?」と
念押しをしてデザイナーさんにご納得頂き





困った時に相談するとだいたいのことは解決してくれる





いつもお世話になっている車屋さんで塗装をして頂きました。
塗装にはもちろんホームセンターで購入した皮革専用塗料を使いましたよ。


日々車の塗装で微妙な色合わせなど朝飯前の
プロ中のプロなのでマスキングも塗装もあっという間でした。





車屋さんのおかげで無事に納品に間に合い監督さん含めスタッフの皆さんにも
喜んで頂けて今回もホッとひと安心のデザイナーさんと弊社担当です。





納期まで時間があるご相談にはしっかり時間をかけたコスパ高いご提案を、
納期まで時間がないご相談には間に合う範囲でより良いご提案を心がけています。


着ぐるみ製作でおなじみの弊社ですがこうしたご相談にも
しっかりご対応をさせて頂いていますのでお問い合わせはお気軽にどうぞ。


さわとらくんのオブジェです

2021年12月20日

先日ご紹介をしました嵐山幼稚園様のマスコットキャラクターと申しますと





こちら『さわとらくん』がすっかりおなじみかと思います。
デザインの良さは言うまでもなく
黄色と白のコントラストもかわいさを引き立てていますね。


そんなさわとらくんの着ぐるみを





弊社で製作をさせて頂いたご縁で





この度、オブジェを製作しました。


こちらの頭身バランスはイラストに近く
まさにイラストから飛び出したようなかわいさとなっております。





ちなみにオブジェの全高は約80cmで
1リットルの牛乳パックを縦に3.5本ほど重ねた高さとほぼ同じです。


なかなかの大きさですね。


そして先にご紹介した着ぐるみとオブジェをご覧頂きますと
お分かりかと思いますがいずれもほぼ同じ生地で製作をしています。





同じ生地を用いますと色や質感が統一されるので
「モコモコしてかわいい!」等、印象が共有できるメリットがあります。





どこから見てもかわいいさわとらくんです。


今回も図面の段階からご意見を頂戴し作業を進めることができたおかげで
納品当日はお立会い頂いた皆さんに喜んで頂けホッとひと安心の弊社担当です。


さわとらくんのオブジェに興味を持たれた皆さま、
嵐山幼稚園の近くまでお立ち寄りの際はぜひ
園長先生など関係される皆さまにお声がけ頂き
さわとらくんのオブジェをご覧頂けますと幸いです。





「着ぐるみを製作する予定はないけど展示用にオブジェが欲しい。」
「1000個も2000個も製作する予算はないけどぬいぐるみが欲しい。」


最近は着ぐるみ製作がご縁でこうしたご相談を頂く機会が増えています。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。


小道具も製作しています

2021年12月7日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ですが
ご要望とあればかぶりもの等、小道具も製作をしています。


つい先日もお世話になっている担当さんからそうしたご相談があり
費用をかけずに見た目良く仕上がる工程をお伝えしたところ
その仕様で製作が決定しました。


まずは「本物はちょっとしんどいよね、、、」というご相談を頂き





撮影で使用するダミーのバーベルを製作しました。





今回は発泡スチロールを用いて製作をしたのですが
1枚が25キロで左右に4枚ずつということは、計200キロという設定です。
棒は本物なので全体として見ますと重量感があるようなないような
不思議な感覚に包まれる小道具ですね。





そしてもうひとつはかぶりものです。





こちらはPRイベントなど広報活動に使用する小道具ということで
デザインと使いやすさを優先にご提案をしました。




ご覧頂きお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが
こちらはサザエの貝殻をモチーフにしています。
そして作業工程はと申しますと発泡スチロールを用いて
ボアで仕上げるまさに着ぐるみと同じ方法です。





ボアを使用したことで全体的にモコモコしてかわいいですね。


小道具の製作については着ぐるみやエアー着ぐるみなどの
ご依頼を通して日々ノウハウの蓄積をしている職人が担当をしています。


最近は着ぐるみ製作と共に小道具のご相談も増えています。
今回ご紹介をした製作物や作業工程が
皆さまの印象に留まり何かのヒントになりましたら幸いです。


嵐山幼稚園様のさわとらくんです

2021年11月18日

この度、埼玉県比企郡嵐山町にある嵐山幼稚園の保護者様より
ご縁を頂戴し弊社にて着ぐるみを製作しました。





こちらは嵐山幼稚園マスコットキャラクター『さわとらくんです







ご覧頂いてお分かりかと思いますが、さわとらくん、かわいいです。


イラストがここまでのかわいさですと着ぐるみにさせて頂く際に
かわいさがフルに反映できるのか毎回プレッシャーの弊社担当です。


そうした心配事を払拭すべく今回の着ぐるみ製作に際しても
より多くの皆さんにかわいがって頂けるように
図面の段階から何度となく打ち合わせを重ね、ご意見を頂戴しました。





こちらのさわとらくんが身につけている帽子や鞄などは





実際に幼稚園にお邪魔して園児の皆さんが使用されている現物を拝見し
それら質感についてもこだわりにこだわりましたよ。


そして打ち合わせの段階で生地色や仕様などしっかりとお決め頂いたことで
製作を開始した後は作業が滞ることなくおかげさまで全工程スムーズでした。


無事に完成した後は





着用のご説明を兼ねて納品で嵐山幼稚園へ伺い
弊社恒例となったかわいい動き方のレクチャーも行いました。





まだまだ油断ならない時期ということもあり活躍の幅を広げるのは困難ですが
これからしっかりルールが守られた学校行事などでさわとらくんが登場し
皆さんに喜んで頂けるような機会がたくさん訪れますように。


さわとらくんの着ぐるみ製作に関わって頂いた関係各所の皆様、
お忙しい中にもかかわらず多くの時間を割いて頂きありがとうございました。





嵐山幼稚園マスコットキャラクター『さわとらくん』にどうぞご期待下さい。


今年の夏もお化け屋敷へぜひ

2021年8月2日

着ぐるみ製作で皆様に日々お世話になっている弊社ではございますが
ありがたいことに今年の夏もひんやりする話題をお届けすることができました。


いつもお世話になっているデザイナーさんにお声がけ頂き大阪府枚方市のひらかたパークで
ただいま開催中のひらパーお化け屋敷2021『ゆびきりの家』にてお手伝いをさせて頂きました。





『ゆびきりの家』と申しますと全国で開催され「怖すぎる」と評判だった
伝説的なお化け屋敷としてご記憶の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
そんなゆびきりの家が世界が認めるお化け屋敷プロデューサーの
五味弘文さん演出によりリニューアルされ再びひらパーに登場です。


デザイナーさんによると「さすが五味さん、前回より怖い。」とのことで
心待ちにしている皆さんの期待に十分応える内容となっています。


そして今年はゆびきりの家だけではなくもうひとつお手伝いをさせて頂きました。
大阪府吹田市のエキスポシティの大観覧車でおなじみオオサカホイールで
昨年開催期間を延長したあの最怖観覧車シリーズ『地獄のゾンビ観覧車』が
新たな演出を加え、ただいま開催中です。





プロジェクションや音響そして振動など、逃げ場のない観覧車内で
今年も迫り来る恐怖を存分にお楽しみ頂ける内容となっております。


ゆびきりの家と地獄のゾンビ観覧車で弊社がどのようなお手伝いしたのか
ご案内するのは差し控えますが今年も「やりすぎじゃない?」と喜んで頂けましたよ。


昨年に続いて今年もなかなかお出かけしづらい空気ではありますが
ひらパーさんもエキスポシティさんも感染予防対策は万全なので
現地集合、現地解散など密にならない範囲で皆様お誘い合わせの上
お時間よき折にぜひ会場へ足をお運び頂けますと幸いです。



夏のクールダウンはお化け屋敷で決まりですね。


着ぐるみ製作会社は小道具も製作しています

2021年4月22日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ですが
ご相談とあればCMや番組の小道具など、ご要望に応じた製作のご提案もしています。


つい先日、いつもお世話になっている担当さんからそうしたご相談があり
あまり費用をかけずに納期を短縮できる小道具の製作工程をお伝えしたところ
その仕様で決定したと連絡を頂きました。


こちらは10年以上前に使用した小道具を
新たに製作して欲しいというご相談で製作した






丁半博打のコントで使う大きな壺とサイコロです。
大きさがお伝えできないので別の画像を用いますと





こちらです。今回は発泡スチロールを用い製作しました。
塗装前ですが大きさがなんとなくお分かり頂けるかと思います。


そしてこの壺に入るサイコロを一から製作するのは
納期や作業工程上あまりおすすめできなかったので



開口部に入るサイズの市販品を購入し加工をしました。





そして塗装をしたのがこちらです。
ベース塗装後により濃い目の色でグラデーションをつけ質感を高めました。


なかなかいい雰囲気ですね。


継続的に使用をするのであればこの工程はおすすめできませんが
納品後は使ってもほぼ数回ということでしたのでこの仕様をご提案しました。


そしてもうひとつは壺でもなくサイコロでもなく、帽子です。





こちらも撮影に使用する小道具ということで
デザインと使いやすさを優先にご提案をしました。





ちなみにこちらもベースは発泡スチロールで
表面にはきらびやかな生地を貼りゴージャスな印象になるよう仕上げました。





あご部分にはベルトを付けてしっかり固定できる仕様にしています。


市販品を購入して加工するという工程は用途が見事にはまれば
製作費が割安になるというメリットと共に納期の短縮にもつながります。


いずれの小道具も残念ながら撮影には立ち会えませんでしたが
使用のご説明を兼ねて納品でお伺いした際は
お立ち会い頂いた皆さんに喜んで頂けホッとひと安心の弊社担当です。





今回ご案内していますような小道具の製作については
着ぐるみやエアー着ぐるみなどのご依頼を通して
日々ノウハウの蓄積をしている職人が製作を担当しています。


着ぐるみ製作以外でのご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。


ドラマの撮影でお手伝いをしました

2021年3月8日

いつもお世話になっている担当さんに製作監修をして頂き
先週3/5に第1話が放送されSNSでも「かなり面白い!」と話題の
ドラマ『ボクとツチノ娘の1ヶ月』の撮影用小道具を製作しました。





こちらは2.5次元俳優として話題の和田雅成さんと
楽器を持たないパンクバンドBiSHのメンバーとしておなじみ
ハシヤスメ・アツコさんがダブル主演の読売テレビ制作のコメディです。


以前は東京や大阪など地域に関係なく撮影が行われていたドラマですが
最近は各局共にドラマ枠の減少で撮影自体が減っています。
そんな中、大阪で撮影する久々のドラマかつコメディということで
老若男女問わず存分にお楽しみ頂ける内容になっています。





今回も製作前の打ち合わせで監督さんやスタッフの皆さんから
番組イメージや演出上面白いと思う表現方法などをお聞きして
製作方法についてより良いご提案をさせて頂いた弊社担当です。


そんなドラマで弊社がどのようなお手伝いをしたのかについては
今週金曜日深夜放送の第2話を見てお楽しみ頂けると幸いです。
そしてこちらのご案内を機に先週末に放送された第1話を見逃したという皆様、
まだまだTVerでご覧になれますのでお時間よき折にぜひ。


ちなみに今月は年度末の3月ということで着ぐるみに関するご依頼については








こうしたファスナーやベルトまわりの破損で補修のご相談を多々頂戴しています。


今月末に納品をご希望の着ぐるみ製作についてはスケジュール含め要相談ですが
着ぐるみのクリーニングや補修についてはまだ少しご対応はさせて頂けそうです。


お問い合わせはお気軽にどうぞ。


着ぐるみ製作会社は小道具も製作しています

2021年1月5日

着ぐるみ製作を通して日々皆様にお世話になっている弊社ではございますが
ご依頼とあればオブジェやぬいぐるみ等、ご予算に応じた製作のご提案もしています。


そんな弊社が長年関わらせて頂いている毎日放送の美術進行さんから
ご相談を受け納品した小道具が、先日無事に放送されたと連絡を頂きました。

この度製作しましたのは、昨年末に放送された『サタデープラス年末2時間SP』の






『スポーツ映像ココ見てランキング年間大賞 第一回マスデミー賞』にて使用された





こちらの増田明美さん像です。






イラストのかわいいタッチそのままに立体化し





いまにも走り出しそうな動きのある像に仕上がりました。
納品の際は担当さんにも喜んで頂け今回もホッとひと安心の弊社担当です。





よくよくご覧になりますとこちらの像は1本足で自立しているにもかかわらず
どの角度から見てもバランスよく仕上がっているのがお分かり頂けるかと思います。


弊社は着ぐるみ製作でおなじみの会社ですが、





今回のようにスケジュールの調整ができれば着ぐるみ製作以外でも
皆さまのご期待にお応すべく何なりと頑張らせて頂いております。


ちなみに製作のご相談に際しほとんどの場合イラストのカットが1枚あれば
弊社で立体化し諸々のご提案ができますのでお問い合わせはお気軽にどうぞ。





いいかんじですね。


着ぐるみ・エアー着ぐるみ・ぬいぐるみのご用命はこちら

お電話の際は「着ぐるみの件で」とお話し頂けるとスムーズです。